人に光りある限り

CASTUGNON全自動端子圧着機「キャスタグノン」

リストに戻る

キャスタグノンの主な特徴

クリンプフォース(圧着力)モニタを標準装備
圧着機のラム部にロードセルを装備し、1本1本の端子圧着に関し常に正確なクリンプフォース(圧着力)を計測します。また、エンコーダーを使用し、角度で全てを管理しているので電圧変化などによる計測タイミングずれが発生しません。
クリンプフォース(クリンプハイト)自動設定
現在、圧着品質はクリンプハイトで管理されています。クリンプフォース(圧着力)はクリンプハイトと相関しています。クリンプフォースを指定すれば自動的にC551SZe自身が、クリンプフォース(クリンプハイト)を調整します。もちろん2回目以降は、メモリー使用できます。
ピクチャー画面を見ながらラクラク操作 [C55Xeシリーズ]
常にユーザーの立場で考える「最先端技術」搭載

グラフィック表示される画面を見ながら入力できる大画面液晶タッチパネルを採用。誰にでも簡単に扱える親切設計。

操作性抜群の操作パネル [C55Xeシリーズ]

アームが180度回転し、しかもパネル自体の首を振らすことができるため、作業者の立ち位置に合わせて自由に向きを変えることができ、入力ミスのないスピーディーな作業が行えます。

美しい大型フルカラー液晶タッチパネル [C55Xeシリーズ]
10.4インチ(221.2mm×158.4mm)サイズ、1,677万色のフルカラータッチパネルを採用。対話式ピクチャー画面は、日本語はもちろん、英語・韓国語・繁体字中国語・簡体字中国語・スペイン語・ベトナム語・インドネシア語・ロシア語・ポーランド語の9ヶ国(10言語)※で表示可能です。
※C550SZe・C550SZTe・C550SZSe・C550SZTSe・C550SZTSWe・C556SZは6ヶ国語

段取り時間を大幅に短縮する賢いメカニズム

上下一対の刃で、線材のカット・剥きまで全て行うCASTINGの、実績ある機構に磨きをかけて搭載。しかも操作は指一本。加工データを入力するだけの簡単さです。さらにアプリケーターもワンタッチ交換(各種ワンタッチベースで全メーカーに対応)。データを呼び出すだけですぐに加工にとりかかれるメモリー付。※1.※2 段取りに必要な時間が大幅に短縮できます。
※1.C55Xeシリーズは2,000種類(USBメモリー使用で無限)
※2.C51Xeシリーズは500種類

圧着状態を常に安定化させるシフトダウン方式採用

沈み込み圧着方式で圧着時にガイドパイプ等で線材を沈み込ませる事(シフトダウン)により、圧着時に起こりやすい線材の曲がりや圧着位置のズレを防ぐので圧着状態が非常に安定しています。ポストフィード、プレフィードの切り替えもテンキーでのタイマー入力により可能です。

圧着のための持ち替え行程を無しに

持ち替えがあればあるだけ、圧着位置のずれの可能性大です。そこで、持ち替え行程を無くし、[ストリップ→圧着]と安定した加工を実現しました。
(C551Se/C511e・C555Se/C515e・C558Se/C518e)

始業前の空運転がほとんどいらない

主な駆動部にはステッピングモーターを使用し、始業前空運転をなくしました。

測長補正で正確な寸法

バックテンションなどで液晶表示より加工寸法が短くなる事がありますが、測長補正により常に正確な加工ができます。

高精度圧着機を搭載

クリンプフォースモニタという非常に高性能な機能に対応するためには圧着機の精度が非常に重要です。KODERA自身が新開発した超高精度の圧着機です。

旗型端子をも圧着可能に

電子制御ならではの、通常端子加工から旗型端子加工への切り替えが、テンキー操作で可能。

検索呼び出しによる使い易さ

メモリーデータをお客様の作業指示書の番号で呼び出せ、使い易さを一段と高めました。

テンキーで手圧着加工も可能

テンキー入力でクリンパー単体の単発稼動が可能です。不良位置にある線材で、圧着を行えば使用可能な製品は簡単に手圧着ができます。

先後端の刃の数値が自由に

先端側の刃の数値と後端側の刃の数値を違えて加工できるため、ガラス線等特殊な線材加工にとても有効です。

CASTING ユーザーは研修期間が短縮できる

CASTUGNONの基本操作及び言葉は、KODERAの線材加工機[CASTINGシリーズ]と共通化してありますので、すでにCASTINGシリーズをお使いのユーザーの方は、いうまでもなく、素早く基本操作を習得する事ができます。

太いものから細いものまで、一台で加工

線材の太さは#32~#12までという驚異的なワイドレンジに対応。従来3~4台の加工を1台でこなします。これは投資面、運営面での大きなメリットです。

定評ある加工スピードにさらに磨きをかけて

発売よりベストセラーを続けておりますC451Aの実績ある機構を受け継ぎ、さらに加工スピード、仕上げ精度ともに進化させました。

いつまでも美しく使用していただくために…

天板上でアプリケータの整備・清掃などのメンテナンスをする際、本体を傷つけないように、天板に保護マット(マグネットシート)を装備。いつまでも美しく使用していただくための優しい配慮です。

どこのアプリケーターでも使用可

アプリケータ各メーカーに合わせた取り付けベースを使用する事により、レバー1つでアプリケータの脱着が行えます。

ステップ送りでのロスが極めて少量

メモリー機能を搭載し、ステップ送りでの微調整が可能なため、試作ロス(端子、電線)が非常に少量で済み作業スピードと経済性に優れています。

キャスタグノンシリーズに搭載された主な装備

用途によって使い分けられるローラー

太い線材のためには強いグリップ、細い線材のためには優しいグリップが必要です。そこで、グリップ力の強い順に、綾目荒ローラー、綾目細ローラー、サンドショットローラー、ウレタンローラーの4種類のローラーを用意しました。ニーズに合わせてお選びください。

KODERAの最新技術をここに集結

機構や操作性はもちろん、機械の心臓部ともいえる電子回路・配線回路もシンプルでメンテナンスしやすい設計。KODERAの技術とノウハウ、そして頭脳をここに結集しました。

ガイドパイプによる正確な圧着

ガイドパイプの採用により、線材を固定し極限まで端子に近付けることができるので、より正確な加工が実現します。線材の直径に合わせ、φ1・φ1.25・φ1.5・φ1.75・φ2・φ2.25・φ2.5・φ3・φ3.5・φ4・φ5・φ6の12種類が揃っています。

1本毎の加工データを取り出して保存[C55Xeシリーズ]

USBメモリーを使用して加工データや加工ログの取り出すことが可能。製品データとして保存することも出来るので、品質管理にも役立ちます。

安定した加工をお約束する機構設計

カット、ストリップから圧着へは慣性の少ない回転移動。しかも移動量は合理的な45度の新設計。スピーディーでムリのない加工ができ、品質も飛躍的に安定しました。

故障率ゼロをめざして

お客さまの満足をなにより大切にするKODERAのテーマは「故障率ゼロ」。そのため、あらゆる故障の可能性を未然に防ぐ努力を惜しまず、モーターのコントロール基板に専用冷却ファンを採用するなどの工夫を重ねています。

後端加工時用にチャック機構を新採用

短い線材の後端加工をより美しく仕上げるためにチャック機構を新たに採用。対応速度の速いステッピングモーターを採用することにより、線材を掴む力が簡単に調節でき、線材に優しい加工環境を実現しました。

カスの後処理を簡単に

端子のキャリアカスと、被覆のストリップカスを自動的に選別、分離して独立した収納箱へ。めんどうな加工後の選別処理をなくしました。

リストに戻る