人に光りある限り

CASTUGNON全自動端子圧着機「キャスタグノン」

リストに戻る
C551S

CASTUGNON C551Seは、シンプル&コンパクトをコンセプトにまずパッケージングから見つめ直しました。小型化された圧着機は、きわめてシンプルに設計このコンパクトなボディでありながら、”2.5ton”という高圧着能力を発揮します。そして、クリンプフォース自動設定機能や、端子の圧着状態を一本一本液晶画面にグラフ表示するクリンプフォースモニタを装備しました。その機能・性能はまさにKODERAの「最先端技術の結集」というべき存在となりました。端子リールをボディ下部に収めることによって端子リールの交換作業がより簡単に行うことができ作業効率がグンとアップしました。対話式・全面液晶タッチパネルの採用など、まさしく革命的。さらに、C551SeにCHA(クリンプハイト自動再現機構)を装備することによりハイト調整をなくし、段取り替え時間を大幅に短縮することが可能。また、このCHA(クリンプハイト自動再現機構)は従来のスーパーキャスタグノンC551Sにオプション装着してC551SZe へとバージョンアップすることもできます。

クリンプハイト自動再現機構

加工データを記憶するときにラム高さも記憶し、
後日データを呼出したときラム高さを自動で再現する機構です。
オプションとして装着することが可能です。

※写真はCASTUGNON C551SZeです。

主な特徴   主要設備一覧   専用オプション   加工能力表

リストに戻る